ユーロJスペースのブログ・・・輸入住宅・リフォーム

北欧デザインの輸入住宅、自由設計による注文住宅の設計施工やリフォーム、インテリア、ガーデンに至るまでトータルに提案するアトリエ系ハウスメーカーです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛断熱材~ウールブレス

ユーロJスペースでは、羊毛断熱材(商品名:ウールブレス)を家に標準的に使用しております。
この羊毛断熱材が、平成20年3月28日に防露認定を取得しました。
(断熱材の室内側に防湿層を設けない構造方法の国土交通省大臣認定)
*防湿層:通常、湿気が断熱材に進入することを防ぐために室内側にポリエチレンフィルムを設置する。
ウールブレス

具体的には、
1)冬期の表面結露は発生しない。
室内側表面温度 14.1℃が室内の露点温度9.6℃を上回る為、冬期の表面結露は発生しない。

2)冬期の内部結露は発生しない。
断熱材の外気側表面は相対湿度98%以下を維持していることから、冬期の内部結露は発生しない。

3)夏期の内部結露は発生しない。
断熱材の室内側表面は相対湿度98%以下を維持していることから、夏期の内部結露は発生しない。
なお、室内側に透湿抵抗の高い仕上げ材であるビニールクロスを設けた場合も
相対湿度は常に98%以下であった。


と・・・・難しいことをタラタラ書きましたが、
つま~り
壁の中には「ジメジメした湿気」がいっぱいですね。
このジメジメが壁の中で結露を起し「内部結露」となります。
「内部結露」が起こると壁の中で「カビ」が発生し、周辺にある木材を腐らせます。
腐った木材はやがてシロアリのすみかとなり、木材はシロアリに食い荒らされる…。
羊毛断熱材(ウールブレス)ならウールの優れた調湿性の働きで、
壁の中はいつも適度な湿度が保たれさっぱり!内部結露も起こりません


←クリック

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

~ユーロの家づくり『デザインある暮らし』~応援お願いします!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ユーロJスペースBlog

クリエイティブディレクター

Author:クリエイティブディレクター
デザインのある暮らし

ユーロJスペースの注文住宅
リフォームするスタイルホーム
庭?部屋?GREEN ROOM!

お問い合わせ

EURO NEWS

My Yahoo!に追加へどうぞ!!

My Yahoo!に追加

右サイドメニュー

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


人気ブログランキング&ブログ広場に参加しています。
←クリック

全国工務店ブログ広場

にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅(業者)へ←1日に1回クリック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。